読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイートまとめ(2016/1〜6)

 去年1年間の僕のツイートで、よく見てもらった記事(インプレッション)のベスト10をまとめました。タイトルは、同時投稿しているこちらのブログの物を使っています。

 

1位(3198回) 大学の5秒CM
2位(1456回) 2/1・3と2・4日入試
3位(1439回) 日比谷高が躍進
4位(1425回) 1年間ポスター掲示
5位(1298回) 熊本土産
6位(1086回) 本郷と西武文理の文化祭紹介ビデオ
7位(1009回) 国高祭の準備風景
8位(996回) 頭のいい高校?
9位(989回) 城玉・創立記念日アンケート2016
10位(951回) 私立中の学費差

 

buff.ly

広告を非表示にする

Win Defenderアップデートエラー(KB2267602)

 久しぶりにWindows10のupdateエラーが発生。Windows DefenderというWindows標準搭載のウイルス対策ソフトのアップデートファイルのダウンロード中に「××%」と表示されたまま止まってしまいました。

 最近はいきなりWindowsのアップデートが始まる事はないのですが、こうなった時はネットで調べないと分からず、パソコンのブラウザーChrome)の動きは遅くなっていますから、スマホにてダウンロードされている「KB2267602」を検索した所、また色々な人が結構前から時期を分散してやられている様で、対応方法は色々と紹介されていました。

 今回は大きな容量のファイルではなかったのですが、Windows Defenderは大してウイルスを見つけられない上に、チェックにやたらと時間がかかるので、別のウイルスソフトを使い、こちらは自動的に無効になっていました。

 ところが今回のアップデート(インストールじゃなく)をするためには、まずこのソフトを有効(スタート(一番左下のボタン)→設定→更新とセキュリティ→Windows Defender)にしないといけないという事なんです。

 このままWindows Defenderを起動して更新して終わればそれでいいのですが、僕はKB2267602を手動でアップデートしようとしまして、マイクロソフトの英語のサイトで「Windows Defender in Windows 10 and Windows 8.1 32-bit」(今までの分のアップデートファイルを100メガバイト)からダウンロード(英文の日本語訳の拡張機能をつけといて良かった)。

 このファイルはセットアップファイルではない様で、ダブルクリックしても動かないです。それでWindows Defenderを起動(スタート→Windowsシステムツール)させ、更新→定義の更新を押して、バカバカしいですが再度更新させた所、Windowsのアップデートから「KB2267602」が表示されなくなりました。

 ちなみにWindows10で「スタート(一番左下のボタン)→設定→更新とセキュリティ→Windows Defender」と押して、「制限付きの定期的スキャン」をオンにしておくと、他のウイルスソフトを入れていてWindows Defenderが無効でも、当てにならないながら定期的にウィルスチェックを行ってくれるそうです。

広告を非表示にする

ブログを続けるワケ

お題「私はなぜブログを続けているのか」

 僕は文章を書く(残す)のが好きなことと、色々と話のタネが浮かぶので続いている様です。以前は掲示板にコメントを書いていたので、あのノリで書くと進みやすいです。書きたい時に言いっ放しでいいし、後で修正もできるし、自分の頭を整理したり、色んな人に読んでもらえるのがいい所です。
 会話でも短くてグッときた話しを選ぶ方ですが、色んな人としゃべったり同じ事をしゃべったりして、段々うまく話せる様になって行く様に、ブログでもよく考えて書いたつもりでも、後で読むと「何だこれは」とか思わされる事が多々あるので、続ける毎にうまく書ける様になって行くもんじゃないかと思ってます。

広告を非表示にする

世代ごとに違う目印

 最近、地下鉄西早稲田駅上の諏訪町交差点角の東京メトロの土地に、病院の雑居ビルが建ちました。この交差点の角には、他にも中学校と消防署と空き家が建っているのですが、世代ごとに目印って違うじゃないですか。若い人は西早稲田中の角、中高年は消防署の角、お年寄りは病院の角って感じで呼ばれているのかも。


f:id:itisuke:20170516014621j:image

広告を非表示にする

東西線の改良工事

 650億円を投じて行われている東京メトロ東西線の改良工事。電車が最も混雑する区間を集中的に直すという事で、よく考えたものだと思ったのですが、朝の混雑率が200%から180%に改善されるんだそうです。

 まず茅場町駅の中野行きホームを2両分西船橋側に移して日比谷線との連絡通路を増設し、飯田橋・九段下間では線路3本にして飯田橋駅折り返しを朝4本設けるそうです。2013年だったそうですが、大江戸線に乗り換える門前仲町駅のホームなども広くなりましたよね。
 東西線は朝ラッシュ時に4本増やしても、まだ運転本数は丸ノ内線と同じくらいな訳ですが、今回の5駅の改良工事の中で1番お金をかけているのは、ホームを1本増設する南砂町駅だそうです。つまり将来は、南砂町飯田橋の手前で快速が鈍行を追い抜く事が可能になるという事が大きな変化だと思います。例えば朝6~7、9時台に快速がガンガン走る様になれば、時間差通勤が結構進むんじゃないでしょうか。

  ちなみに都内の地下鉄の駅で、島式ホームから1本ホームを増設した最初の駅は、丸ノ内線霞が関駅(1973年)だそうです。その後、銀座線の新橋と日本橋駅で1本増やされ、来年部分完成する大江戸線勝どき駅の場合、工事が3年延びたため、当初80億円だった工費が100億円を超えてしまったそうです。

 

buff.ly

広告を非表示にする