バイトの研修2015前

 今日のバイトの研修は社長が先生でした。ほとんど書かずに6時間はしゃべり続けで、時にはビックリする様な話、例えば血圧の高い人は脳溢血より急性心筋梗塞の方が後遺症もなく、すぐに死ねて家族に迷惑をかけないとか、一酸化炭素中毒になるにはこれとこれを買ってきて、火をつければ簡単に死ねるとか、研修とは言っても、毎回教える内容は同じ様な物ですから、さすがに日頃の苦労を感じさせると言うか、普段の研修の先生とは一味違った教え方をされてました。

 で、年末年始には56日間も夜勤をやったり、24時間勤務を8日間続けた時はどんな感じだったとか、そうかと思えば今度は調子のいい話をしたり、やる気のない人からやる気のある人まで分け隔てなく受け止める様な話しをされた後、一区切りついてノートも書き終わった頃に、「今言った中で嘘が一つあります。どれでしょう」とか、「後で叱っておくから、社員に問題のある所を教えて下さい」とか。

 僕なんか前の現場でコケて、腐っていた所をまた更に品のいい現場に回されたのですが、「責任取って辞めようとか思っても逃さないからな」と諭されたりとかですね。あるいはお前、変わった奴だなと褒められて、終わった後はビールとつまみを出して慰労会とか。とにかく入れ替わりの多い会社なのに一人一人良く見てますよ。僕みたいのが不用意に話に頷くと注意するけど、高笑いしても別に怒らないで下さいます。それに自分の前職なんかはおくびにも出さない。最後の確認テストも、1問ずつ自分の答えを全員に言わせてから答えを言ったり、今までにやらない事をやって、知識が頭に残る様に工夫されていた様でした。

広告を非表示にする