「第70回城北祭」

城北祭2015

 今年は日曜の夕方6時頃に城北高校へ行って、校門付近に落ちていた文化祭パンフレットを拾って帰ってきました(普通は落ちていません)。もし今年行けたら、高校棟の幻の女子トイレのドアの画像でも撮って、twitterで流そうかと思ってました。

 この学校の全クラス参加は中3まで。今年は動画製作らしき出展が5クラスあり、露店はクラス有志参加と体育部が14対6団体でした。今まで存在の薄い演劇部でしたが、3本の芝居を毎時0分スタートで上演したそうです。小ステージでは土日ともに午後からダンスとミスターコンテストを。空っぽだった高校棟の中庭でも、今年は同窓会が芋煮汁を販売したそうです。

 城北で第1回芸能祭が行われたのが開校5周年に当たる昭和21(1946)年なので、今年は第70回という年でしたが、パンフレットやポスターでは「75回」と、5回多い表示になってます。今年就任2年目の小俣力校長の取り組みにも注目していたのですが、今年の挨拶文はほぼ去年と同様で、冒頭は「第75回城北学園文化祭にお越しいただき・・」という文面でした。

 今年は第70回という10年に1度の文化祭が失われてしまったとか、また5年後に第80回だと言って盛り上がっている所で、それは回数が間違っていますと書かされるのも気が重い話ですが、今まで歴代校長が先頭に立ってウソをついてきたという事ですし、できれば内々で速やかに直してほしいです。

 →2015文化祭の様子~其の壱  →~其の弐

 →城北学園HP(城北祭の画像)

 →美術部の展示の模様

城北祭2015パンフ①

※パンフレットの1ページは縦21cm、横15cmのA5サイズです。

 城北祭のホームページとかブログなどは存在しないのですが、今年はパンフレットの一番最後のページの文章で、ご意見・ご要望のフォームを作ったとあったので、簡単にパンフレットの感想だけ投稿をしてみました。後日、文実委員長さんから返事を頂いたので、Q&Aの形にしておきます。

≪ご意見・ご要望≫

Q:今年は企画と言える物がなかったのに、パンフレットは前半の説明が長すぎて、メインである各参加団体の説明が18ページ目からとなっていました。

A:パンフレットのカラーページの配置の関係で、参加団体のページを少々後にすることとなってしまいました。次年度以降のパンフレット作成時には、改良を加えていく所存です。

Q:また参加団体の説明の文字が小さすぎる上、バックに模様まで入っていて、何が書いてあるのか読めなかったです。

A:同じような意見を複数いただいております。次年度以降のパンフレットでは、より見やすくすることを心がけて作成していく所存です。

Q:下の階に参加団体が集中する訳ですから、各階ごとに1ページとか2ページというレイアウトだと、かえって何もない階のページが目立ってしまいますし、各階の見取り図も大きすぎです。参加教室のみ「①」「②」・・と番号を振った方が見やすいです。

A:当校の校舎はとても構造が複雑なため、ページの配置や見取り図などのよりよいデザインの考案には毎年苦労を強いられています。戴いた意見を参考にさせていただく所存です。

Q:全校アンケートは整理が大変なので、数クラスを対象にしたサンプル調査とか、この様なアンケートフォームを活用しても良かったと思います。

A:全校アンケートとは、城北生にアンケートのことでしょうか。この企画については、復活という形でしたので、回収方法についてはこちらでも改善点が多く上がっている状況です。こちらも戴いた意見を参考にさせていただく所存です。

Q:音楽や演劇、自由研究の発表などについては、極力演目やタイトルなどを記載して行かないと、数年後にパンフレットを読み返しても何をやったのか全く分かりません。これも積み重ねですから、今からでも参加団体に報告書でも出させて、来年の為にもネットなどで公表してほしいです。

A:パンフレットの内容については、現状団体から提出されたものをこちらで打ち込んでいるだけの状態です。情報量の問題などもありますので、パンフレットに記載するというのは少々難しいかと思われます。報告書についてですが、来年度以降可能であるかを検討させていただきます。

城北祭2015パンフ②

Q:今年のパンフレットでは、冒頭のページに図書(受付)・放送委員の挨拶文を載せ、食堂やグッズの商品名の公開、ポスター・アーチ・垂れ幕の製作過程の紹介を入れたのは良かったと思いました。

A:食堂やグッズの公開は数年前より、その他は今年度初の試みということで試験的に導入してみました。内部でも好評とのことですので、次年度以降も続けていく所存です。

回答は以上です。

実際にはご来場されなかったとのことですが、学校前まで出向いていただき、誠にありがとうございました。ブログの方も読ませていただきました。回数については私も気になるような問題ですので、学校側に確認をとってみることにします。

パンフレットが落ちていることのないように対策をしますので、次年度文化祭へのご来場をお待ちしております。

今後とも城北学園、および城北学園文化祭をよろしくお願いいたします。

PS. 今年の文化祭実行委員長さんは、中1の時が高校70周年の年で、今年は前身の予備校開校から数えて80周年の年という事で、何か僕の頃と似た様な所が感じられますね。

 というのは、僕が中学に入った時にも校史が配られて、文化祭が始まったのは昭和21年からだとか、生徒の要望で生徒用ロッカーが置かれる様になったといった事を知りましたし、高校生になった頃は、今はなくなった生徒新聞の縮刷版が出されて配られて、文化祭の回数がいつ頃から間違われる様になったのかを知る事になった訳です。

 今でも城北埼玉がそうですが、昔は開校した年を1周年と数えて、1年早く記念行事などをやっていました。2代目の井上理事長がなくなった9周年を10周年と呼ぶ様になったのが始まりの様なんですが、それは高校50周年の時に直されて、以来、ずっと文化祭の回数が創立年数より多い事になってしまっています。

 アンケートについては高校70周年の時に文実がブログを作ったのでコメントで復活を要望した事があるのですが、その年に実施された物はパンフレットには掲載されず、翌々年にやった事をまた翌々年、つまり今年復活したという事です。

 まあ文実委員長なんてやった方は、卒業しても10年くらいは城北祭の事を忘れないだろうと思うんです。僕もいろいろやって、10年くらいでこの学校の事はいったん諦めたんですが、友達のお父さんが校長になって、息子が家に訪ねてきたという事があって、今みたいな兄弟校周りを始める様になったという次第です。

 僕が中3の時、生徒会顧問の先生に指摘して翌年から始めてもらったのが、今も高校棟でかけられている壁画(大きな垂れ幕)ですが、今年は実行委員長さんの絵がかけられたとの事で、これも何かのご縁かもしれないです。

 関連記事 戸山祭へ2015