自衛消防試験準備講習

 バイト先で資格手当をもらう都合で、自衛消防技術試験の準備講習会というのを受けてきました。筆記試験は各分野で6割ずつ取ればよいそうで、とかく勉強は問題集中心になりがちなんですが、まず最初の5時間の授業では、300ページある教科書の中でも重要な文章だという所にダーッと線を引いて行くという事をやって、かなり勉強する所が絞れる様になりました。

 色々な人が受験するし、必ずしも落とす為の試験ではないので、毎回300人くらいが受験して、筆記試験は200数十人がパスするそうなんですが、これに受かると、今度は集団実技(記述式の筆記試験)と、個別実技試験(設問2題)というのがあって、これで落ちる人が多いんだそうです。

 この資格の前段階には、防災センター要員講習(自衛消防業務講習)と言って、2日間の授業を受けて試験なしで取れる資格というのもあります。僕なんか試験嫌いというのもありますが、非常防災用の放送設備や消火栓とか、脱出用の器具の操作とか、なかなか普段は触れるものではないですから、確かにこういう講習なしで独学で資格を取るというのはキツイ事だなと思ったです。

広告を非表示にする