「6」の年は寒い

 戦後の東日本に限っていうと、6のつく年は寒い冬になり、9のつく年は暖かい冬になるというジンクスがあるそうです。1946年は平年に比べて-1.2度と低く、56年は-0.3度、66年は±0度、76年は-0.1度、86年は-1.6度、96年も-0.6度、2006年は-0.8度低かったそうです。

 逆に1949年は平年よりも+1.4度高く、59年は+0.9度、69年は+0.8度、79年は+1.4度、89年は+1.2度、99年は+0.6度、2009年は+1.5度高かったそうです。 TBSラジオのタケロースタンバイという番組(2016年1月6日放送)で、気象予報士森田正光さんが、気象人という誰でも見られるデータベースから見つけてきたとおっしゃってました。

広告を非表示にする