独自の強み

 ユニ・チャームという会社は、建材メーカーから生理用品、紙おむつに特化して業界トップになったそうです。富士フイルムも、最近は写真フィルムの技術であるコラーゲン、コア酸化技術、ナノテクノロジー技術など、独自の強みを生かして、化粧品に進出して生き残っているそうです。

 写真フィルム業界は1970年代に、白黒からカラーになった時、世界で数百社あったメーカーが4社に絞られたんだそうです。技術の進歩で業種その物がなくなってしまうなんてゾッとする話ですが、そんな競争に生き残ったくらいだから、独自の技術を生かす余地はあったのかもしれないですね。