困った人のため

 エレベータについている大きな鏡というのは、元々身障者用だそうで、多目的トイレとか誰でもトイレと呼ばれる物も、初めは身障者トイレでした。駅のホームに初めてエレベータをつけた元町田市長のお話では、一番困っている人の為に施設をつくれば、結局は普通の人の役にも立つものなんだそうです。