城北学園グリークラブの演奏会へ(2018)

 今年60周年を迎えた城北学園グリークラブ定期演奏会トッパンホール)へ。9名の部員さんが英・仏・独・伊・ラテン語の歌を熱唱。歌唱力のあるOBの人たちと一緒に、だんだん後半になるほど音量が上がって行く様な曲目の構成でした。

 城北だから城北埼玉高校の名前は出ないけど、初代部員だった城玉の磯部徳彦元校長が当時の様子を話したり、初代顧問の笹倉強(確か城玉元教頭)先生が城北の小俣力校長の隣りに座り、司会者から紹介されるという場面もありました。

 演奏の中では、1番最初に歌われる校歌が今年は3番まで歌われ、今年は校歌が3番まで歌われて、声や曲的に洗練され、他の歌と比べても1番うまい演奏だったと思いました。あとピアノ伴奏が今年は後半からとなり、少人数の生徒さんたちがピアノの奥で歌ったり手前で歌ったりと工夫を凝らして歌っておられました。

 2代目顧問の山口先生は創団60周年と同じ60歳とのこと。先生の同窓生には城玉吹奏楽部顧問の加藤先生がおられます。

 城北ってOBに著名なミュージシャンを聞かない学校ですが、OB前田武彦さんがエイトマン笑点主題歌の幻の歌詞などを作詞されていますので、ぜひ演奏会などで繰り返し歌ってほしいです。


f:id:itisuke:20180716022050j:image f:id:itisuke:20180716022108j:image f:id:itisuke:20180716022146j:image